2021.7.5 NEW! 感謝を伝えたい BTS 8周年を”仙台”で祝う応援広告プロジェクトの裏側

2020年7月にサービスを立ち上げて以降、新聞紙面での『おそ松さん』応援広告企画や『Paradox live』交通広告での応援広告などを発表し目標金額を達成してきたオシタイ。応援広告プロジェクトの第5段として実施したのが、「BTS8周年を仙台でお祝いする応援広告プロジェクト」でした。

応援広告発祥の地である韓国でデビューし、今や全世界で爆発的な人気を巻き起こしているBTS。彼らを応援するファンは「ARMY」と呼ばれ、韓国ではARMY同士が実社会やSNSを通じて繋がり、メンバーの誕生日や楽曲リリース等の記念日をお祝いするのが一般的になっています。
そんな中で今回オシタイに「BTSのデビュー8周年を”仙台”のARMYでお祝いしたい」とのご相談を頂きました。
韓国ではARMY同士が有志で資金を集め、応援広告を掲出したりイベントを実施したりといった応援活動が当たり前ですが、日本ではまだ応援広告の認知がされていない現状があります。加えて、今回オシタイにご相談頂いた起案者は仙台在住。「東京を中心とした主要都市ではBTSの広告や応援活動が行われているけれど、地方在住の私たちでも、仙台でBTSの8周年をお祝いしたい」と仙台での実施をご希望されていました。

ご相談を頂いた当初、オシタイで実績のある応援広告は都内の駅広告や全国紙の新聞広告に限られていました。「地方」にフォーカスしたプロジェクトはオシタイにとっても初めての取り組み。またBTSの所属事務所は韓国にあり、これまで実施したプロジェクトでご協力頂いた版権元や事務所とは異なる対応方法が必要となりました。プロジェクト開始前から、デザインや予算面、プロモーション方法などこれまでこれまでとは異なる様々な困難が予想されましたが、既にご報告もしている通り最終的には素晴らしい応援広告をファンの力で掲載することができました。

そこで今回はBTS8周年お祝い企画を担当した担当者の所感と、今回ご依頼頂いた起案者様の実際のお声を基に、本企画を振返っていきたいと思います。
BTSやK-POPの応援広告を実施してみたいと考えていらっしゃる方は、ぜひ参考にして頂けますと幸いです。

「Oshitai -オシタイ-」https://www.oshitai.jp/

オシタイ公式Twitter:https://twitter.com/oshitai3

起案者の企画用Twitter:https://twitter.com/BtsMiyagi

BTSデビュー8周年応援広告プロジェクト:https://www.oshitai.jp/projects/bts8th

 


ー企画立上げのきっかけは問合せフォームよりご連絡頂いたことでしたが、どのようなきっかけで「オシタイ」を知って頂いたのでしょうか?

普段からBTSを通じて仲良くなったARMYの仲間と、6月の周年を仙台でお祝いしたいね、と話していたところから始まりました。最初は気軽な気持ちで、費用やビジョン広告について調べ始めました。普段から仙台フォーラスを利用しており、そこに設置してあるビジョンに応援広告を出せたら盛り上がるのでは?と思い、仙台フォーラスに問い合わせをしてみました。そこで担当者の方に「オシタイ」を紹介頂き、お問い合わせをしました。

オシタイにご相談いただくタイミングで他の応援広告プラットフォームやクラウドファンディングサービスの利用も並行して検討されていましたか?

センイル広告に特化した他のサービスにも問い合わせはしてみました。ただ今回は仙台での広告掲載を検討しているということで、結局ご返答を頂くことはできませんでした。
オシタイに問い合わせをしたところすぐに返答を頂きましたし、ビジョン広告で放映する映像の著作権の確認や入稿関係はプロにお願いした方が良いだろうということで、オシタイに依頼をさせて頂くことにしました。

ー他サービスも検討されていた場合、オシタイに決められた理由は何だったのでしょうか?

私にとって初めての応援広告企画だったこともあり、オシタイならクラウドファンディング形式で資金調達ができ、映像制作も含めトータルで対応してくださることが決め手になりました。
本当に仲間内での「やってみよっか」という見切り発車でのスタートだったため、プロに全て任せられるというのが心強かったです。

ー打合せを重ねていく中で「企画内容や目標金額達成までの道筋」は具体的にイメージできていましたか?

先述の通り、最初は本当に興味本位でご相談をしていたので、実現できるとは思っていませんでした。オシタイの担当者から広告掲載までのスケジュールを頂いたり、必要な予算を提示して頂いたりして、徐々に「本当に掲載できるかも?」と現実味が増していきました。
本当に企画が立ち上がることを実感したのは、企画ページ(https://www.oshitai.jp/projects/bts8th)が公開されたぎりぎりのタイミングです。

 

(今回の企画内容について示した募集ページ ※一部抜粋)

ー支援開始当初は緩やかにしか支援が集まっていない状況でしたが、目標金額を達成できるか不安はありましたか?

私は応援広告の実施自体が初めてで、かつ都市部ではなく地方での実施だったため、企画開始前から「資金が集まらないのでは?」という不安がありました。
支援開始直後はもともとお知り合いの方からの支援がほとんどでしたが、10万円を超えるあたりから知り合い以外の方からも多くご支援を頂けるようになってきました。今回オシタイのTwitterアカウントと連携して起案者である私が企画用のSNSアカウントを開設し、BTS関連の話題や応援広告企画の実施背景などを発信していきました。こうした取り組みをきっかけにSNSで繋がり、ご支援を頂いた方もいらっしゃいました。

地方での取り組みということで、アナログな広報活動も必要だと考え、オシタイの担当者にチラシの作成も行って頂きました。応援広告の掲載場所である仙台フォーラスにもチラシ設置をご協力頂き、実際にチラシ経由でご支援を頂いた方もいらっしゃいました。そうして徐々に支援の輪が広まり、ARMYの方との繋がりも増えていったのは嬉しかったですね。

ーチラシを作成した担当者として、そうしたお話がお聞きできて嬉しいです!
今振り返ってみて、最初の企画段階で決めておけば良かったことや取り入れておけば良かったこと、準備しておけば良かったことなどありましたか?

何もかもが初めてだったので、今は達成感でいっぱいで、振り返りができる状態でもないのが本音です(笑)。
強いて言うならば、タイトなスケジュールで進めてしまい時間が足りなかったので、もう少し早くご相談をしていればよかったと思います。企画用のSNSアカウントも支援募集を開始する直前に開設をしたので、もっと早くスタートしていてもよかったかなと思います。

ーオシタイは応援する対象となる方の肖像権や著作権を重要視しており、今回の企画ではBTSご本人の写真は使用できないかもしれない、という点を最初からお伝えした上でのスタートでした。結果的にイラストやファンの方のメッセージを集めたデザインとなりましたが、こうした点において不安はありましたか?

K-POP関連のファンイベントやセンイル広告はほとんどがご本人の写真を使用したものなので、応援広告に写真が使用できないと支援が集まらないのでは?という不安はありました。一方で、ARMYとしてBTSメンバーの権利を侵害したくないという気持ちもありましたので、できる限りの範囲で応援広告が実施できればと思っていました。
支援金が順調に集まり始めてから、支援者の方のご期待に応えられるような素敵な動画広告を放映したいという想いがより強くなり、ARMYの友人に相談をしてちょうど新曲発表のタイミングだったので同じテイストのイラストを使用したい、という話があがりました。
タイトなスケジュールでしたが、オシタイに広告デザインの変更やイラストの追加もスムーズにご対応頂き、結果的に素晴らしいデザインが出来上がったと思っています。

(実際に放映された動画広告のサンプル)

ー支援募集期間中はオシタイのTwitterアカウントと企画者アカウントで連携しながらプロモーションを実施し、支援者の方も引用RTをしてくださる等反響を頂きましたが、ARMYの皆さんの賛同を得られた要因は何だったと思いますか?

仙台フォーラスに設置したチラシをきっかけにTwitterをフォローしてくださった方や、投稿に反応をしてくださった方に、自分からDMをお送りしてご挨拶に行きました。”BTSのファン”という共通点があったので皆さん快く接して頂き、BTSの話で盛り上がっているうちに、いつの間にか支援してくださっていた方も多くいらっしゃいました。
BTSが掲げる「Love myself」の力が、今回の企画成功にも繋がったのだと思います(笑)。

今回の応援広告企画をきっかけに、SNS上でARMYの方との繋がりが増えたり、実際に仙台フォーラスでの広告掲載を見に来てくださった方と直接お話をされる機会もあったかと思うのですが、応援広告実施後はどのような反響があったのでしょうか?

実は支援募集期間後に今回の応援広告を知って頂き、仙台フォーラスまで応援広告掲載を見に来てくださった方もいらっしゃいました。ARMYの輪がここまで広がるとは、本当にびっくりしています!元々は企画用のTwitterアカウントは応援広告企画の終了と共に停止しようと思っていたのですが、せっかくこんなに繋がりが増えたので、今後も続けていきたいと思っています。
イラストを描いてくださった支援者様の妹さんが広告放映を見に来てくださって、当日見に来られなかった方に動画を送ってくださる等、私の知らないところでも輪が広がり反響を頂いているのが本当に嬉しいです。大変でしたが、やってよかったなと思います。

ー改めて、今回の応援広告企画を終えての感想やオシタイを利用して良かった点等をお伺いできますでしょうか。

私1人が発案して興味本位で始まった企画だったので大変さはありましたが、普通に生活しているだけでは経験できないような広告の裏側やプロモーションのノウハウを知ることができ、勉強になりました。今後の仕事にも活かせそうだなと思っています(笑)。企画を通じてたくさんのARMYの方と密に繋がることができたり、当日の広告掲載を迎えて何とも言えない達成感や楽しさを感じることもでき、あっという間の数ヶ月間でした。

オシタイは地方在住の私でもLINEやテレビ電話を利用してスムーズにコミュニケーションを取ることができ、費用調達から企画のPR、実際の広告制作・掲載まで一気通貫してサポートしてくださって、安心感がありました。

ーありがとうございます。最後に、オシタイで応援広告を立ち上げたいと思う方々に向けてメッセージを頂けますでしょうか。

大変なこともあるかもしれませんが、達成した時の楽しさを考えて企画を立ち上げれば、応援広告掲載が行われた時の喜びははかりしれないです。同じ想いを持つ周りファンの方やオシタイと連携して、安心して取り組んで頂けたらと思います!

 


インタビューにご協力頂きありがとうございました!

オシタイでは新規の応援広告プロジェクトを広く一般のみなさまから募集しております。
企画を練る段階から、オシタイがファンの皆さまと一緒に考えますので、まずはお気軽にご相談ください!

応援広告のご相談はコチラから

オシタイでは、現在新規の応援広告プロジェクトを広く一般の皆さまから募集しております。

■応援広告とは

同じ想いを持つファンが個人や団体を応援する目的で、共同出資した広告のことです。
日本ではまだまだ珍しいですが、海外ではさまざな場所にファンによる応援広告が出されています。
「広告は企業が掲載するもの」そんな風に思っていませんか?
応援広告は、あなたの応援するアイドルやキャラクターを世の中に広める
新しい応援のカタチです。

■オシタイとは

自由な広告の仕組みを作り、ファンの思いを具現化するための
新しいサービスです。
日本では、個人で広告を掲載できない、費用が高い、写真やイラストを勝手に使用できないなどのさまざまなハードルが存在します。
オシタイは、応援広告を掲載するまでの一連の工程をプロのチームがサポートさせていただきます。

■現在実施中のプロジェクトはこちら

【オシタイ×ヒットビジョン】コラボ企画!!

企画作りの段階から、オシタイが一緒に考えていきますので、まずはお気軽にご相談からお願い致します。

応援広告のご相談はコチラから

さあ、あなたの想い
応援広告にしよう!

プロジェクト実現までの詳細を知りたい方、プロジェクトを提案したい方は、
お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

「まずはご相談から」 ハートマークが上にあるボタンを押そうとしてる指